焦らない、穏やかにと心掛けているのだがぁー
by doraX3121
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
メモ帳
客が来ねえなぁ〜〜〜っ
最新のトラックバック
検索
Date
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
タグ:12ステップ ( 16 ) タグの人気記事
年またぎってことでね、、'16 (ΦωΦ)
('15/12/30)
蛭子能収の日めくりカレンダーを買った。
年が明ける前に見ちゃったんだけど (ネタに使おうと思ってたw) そんなもんじゃないと解って、
イヤイヤ、蛭子さんより自分の方がどんだけクズなのか及び、社会構造を再確認することが大事なんだなと、、
もちろんこれから毎年恒例のネコのカレンダーも買いますけどね。。
ってか蛭子さんってある意味スゲェ〜なぁ! と思えてしまったのでね、、、
もうダメなのよ。。(ΦωΦ)ゞ


年賀状をやろうとして、火のつかないエンジンを何とか回しつつ
渋々ここ一発のデザインをフォトショで作ってきたんですが、、
昨日の段階で突然のプリンターの破損・買い換えの件が業者に電話したところ決定したので、
アタマ爆発しそうになってたんですがががが、
(#゚Д゚)凸ゴルァ!!
でもなるようにしかならんってことでね、、
妹の簡易プリンタに全てを委ねることに相成りましてン。。


以前の自分であれば、せっかくフォトショで作った渾身の画像を載っけられないことをかなり引きずっていただろうに、、
んま、イイかという感じで流すことができている。

f0206509_05594354.jpg

?? これが本来年賀状になるはずだった画像、、(よく見りゃ大したことない表現能力だしw)
以前だったら公開することも恥だと思ってなかったはずなんですよ。
今は、でもだから何やねんてことなんです。以前酒を飲んでた頃に培った『やりだしたら止まらない』シンドロームからの脱却 (これ依存症の人の特徴ですよね〜) も何とか対処出来てるし…
わりと冷静に "大したことねぇーわ" って感じで。


てなワケで、今年送る年賀状はベタなモンになりそうです。。
SNSでは先にもう理由を言ってますけど、、、
やっぱり言い訳って気持ち悪いけど必要悪なんですよね…


( '16/01/05 )
結果、年賀状はまったく違うデザインで印刷されて (妹まかせのプリンターで) 全部出しましたけど
それはそれでイイとして、、自宅プリンターの損害は(;´∀`)…痛いなぁ…。
最低でも半年は買い換えはムリだすなぁ〜。
まぁいいや。( ´ー`)y-~~
そーいえば、煙草を止めたら買えるんジャマイか?
ってそんなこと前から言うとる気もするがぁ〜w

ちなみに今日の "蛭子カレンダー" には『人に好かれるコツ』が書かれてますが
自分は今まで全く逆のことをしていましたw …これだから新鮮でオモロイんですよ、、
これはマジで買って正解の商品!楽しませてもらってまふ。

んまんま、、でも今年は真面目に『身心ともに健康になりたい』なと
切に希う2016年なので・・・ホント今年少しでも納得いく成果が出なかったら
もう人生諦めるかもしれないな。。
そう言ってる間にもダラダラしてたら、すぐに夏が来て動けなくなってエアコンの部屋に閉じこもる
そんな日々になるんだろう。。
それでもせめて移動することができる資金と体力とメンタルが整っていれば何とかなる。
当面のざっくりした目標はそれくらい、、あとはそれなりにアクシデントは起きるだろうし、
その都度対処するしかないワケで…


もう睡眠時に80%悪夢しか見れなくなった自分としては、眠気を払って起きてた方がはるかにラク…。
たぶん親父との折り合いを付けようと必死になってるんだと思う。
なんせ自分は一昨年親父が亡くなってから一度も仏壇に合掌などしていないので、、、
(まさにDORA息子なワケですよ。。)(´・ω・`)
最近、寝ていて冬の乾燥も相まって早朝に息苦しく、喉がヒューヒューで眼が覚めるし、
(こりゃ煙草もあるでしょーねw)
ってか親父も肺癌だったってのも恐いし、まだまだ取り除けていない諸々の親子関係の "恨み" や "恐れ" が
積もり積もってもうパンパンになってるから呼吸器に来てるんだろうとは
自分で解りますよ。。自分だけラクするワケにはイカンしね!!
(ていうか自分がある時期からラクするとか楽しむというのは、ある意味 "罪" "イケナイこと" という意識があるのは事実)


ア、アカン…内部事情を言い過ぎた。
自分がいずれパニ症を完全克服して、アル症・うつ・躁鬱・統合失調症などについて語ることがある場合、
経験談としてどれだけ恐い思いをして来て、且つそこから回復したかを認識してるかが自信となるんだろうけど、
ある意味そんなの "共通してそうで、微妙に個人的な体験" なんです。
だから決着つけるのもやはり個人なのよね。

けど、細かいところに拘り過ぎたあとは大きな枠で強化した方がイイしね。。
この辺の発想は回復研の "RD" や "ドロップ・ザ・ロック" の影響かもしれません。


( '16/01/07)
こんな何日にも渡って書くのはブログって範疇を超えてるんだろうけど、
自分がブレてるんだからしょーがないんよなw
あくまで to be continued… ってことで頼んますわw

そんなこんなで新年1発目の映像はこんなんでどーでしょう?
平成28年申年とか2016年とか関係なく、自分の気持ち元年として (笑)
正直、真面目の中に笑いの要素がなければとっくに自殺してますからね…w
自分がどれだけポンコツか、、を知ってないとね。。


 ● ここから見て取れる様々な事象…(笑えるんだけどねw)



こりゃ面白いけど、この格差というか差別化、、ヤバイよね。
こういうことは日常茶飯事で起きている。
自分はそーいうことに気づいてしまうので、モードを切り替えないと笑えることも笑えない…

貴方はどぉーですか??

遅ればせながら、あけおめです。
今年もよろしくお願いいたします。
今日は七草粥、、ありがたく頂きますよってに〜。。

ほなっ!! (ΦωΦ)ノシ


















by tightrope_3 | 2016-01-07 22:22 | チカラでやれやっ??
これは、自分に向けて言ってるんですわ…w
(8/11付)

台風一過…まだ突風が吹いたりするけど、基本的には快晴で真夏日。。
朝方に荷物をベランダに戻して、二度寝してから買い物してきて
お昼はメンチカツサンドを用意してからの、、
この書き出し・・・ハッキリ言って疲れてるけど、そーいうこと言うたらアカンのです。
そりゃそう、、人に言われてのことじゃなく自分がやりたくてってコトなんでww

今回はこのテーマw (ΦωΦ)ニャー
「いくら勝ち負けの問題じゃないとは言え
嘘つき (偽者) には負けられないという欲求はあるワケだし、、」

f0206509_13220631.jpg

いわゆる「自信過剰な人」は、結構多いようだ。
例えば、どの職場においても人事評価の時期になると、管理職や経営陣から、
「あいつは、なんでこんなに自信があるんだ。何もしていないのに」であるとか、
「イマイチな人ほど、自己評価が高い」というような話が聞こえてくる。

だが、自信がある事自体は特に悪いことではない。「自信を持て」であるとか、「自分を信じるんだ」といったフレーズは頻繁に用いられており、「相手から好印象を持たれる話し方」のようなノウハウ本には、「自信をもつことが大事」と書かれていない物を探すほうが難しい。

だから、「自信がある人」が非難されるのは、多くの場合は「自信過剰な場合」、すなわち「その自信に根拠がない場合」だ。

具体的には、
「実績を作っていないのに、自信だけはある」
「努力をしていないのに、自信だけはある」
といったような場合だろう。

さて、このような人物をどう扱うか。悩んでいる人は多いと感じる。
そして、多くの場合、自信が問題となる状況は

・人事評価と高い自己評価の間に乖離がある場合
・自分で進んで勉強しない場合

など、他者が「もっと謙虚になりなさい」と諭したい状況が多いだろう。

しかし、結論から言うと、「謙虚になれ」と諭しても、謙虚になってはもらえない。

「日本人は謙虚さを重んじる」と言われることが多いが、これは対外的なコミュニケーションを取る時の技術に過ぎず、本心は非常にプライドが高い人々だ。NHKの調査でも、半数以上の人々が、「日本人は他国に比べて極めて優れた素質を持っている」と考えている。(社会実情データ図録)

また、内閣府の調査でも「自分は中流」と考える人が半数以上いることを見ると、「私なんて、大したことありません」という人の多くは、本心ではそう思っていないと見ていいだろう。

だから、「本当に謙虚な人など、ほとんどいない」というのが、現実であり、むしろ、そのほうが納得できる。
なぜなら、謙虚さとは、「本物の自信」から生まれるものだからだ。それ相応の努力を行い、実績を積み上げた人だけが、心から「私なんてまだまだです」と言えるのだ。

だから、「本当に謙虚な人々」(要するに実績があり、努力もし、真の自信のある人々)は、「根拠のない自信過剰」を責めてはいけない。自信過剰はその人の精一杯の自己防衛であり、拠り所なのだ。否定すればするほど、対立は深まる。

上位者は評価する際に「根拠の無い自信に溢れている人」を見ると、つい諭したくなるが、そんな時間の無駄はやめて、淡々と「努力の量」と「実績」で評価をすればよい。
もしかすると上位者の言葉に「私の自信は根拠のないものだったのですね」とその人が感銘を受け、改心するかもしれない。が、大抵は翌日になればケロッと忘れている。

根拠の無い自信であることは、本人も遅かれ早かれ気づく。ただ、それには時間がかかるし、自分で気づく以外にそれを克服する方法はない。
「私はその人の自信過剰を変えられる」なんて上位者が思う事自体が、自信過剰だということだ。

(2013年8月19日 Books&Appsに加筆・修正)



_______________________________________________________________________________


(8/12付)
ホント実力がないのに、イキガルってのはカッコ悪いこと。
気づいたときに愕然とするですよ…ww
けど、それは精一杯の自己防衛で、そのときはそーするしか手段がなかったんだすよ。。
で、そこから努力したにしても…何かまだ自分で納得できない。
さらに突発的な出来事に振り回されて、またエネルギーが尽きてしまう。
立て直しにも時間がかかる。。
元々うつ体質だからエクスキューズしてまうんだが、ホントに打たれ弱いわなw
そんな弱い自分を逆転しようとして、ここでまたイキガリが出てしまうんだな。
要は周りを納得させたいのか、自分の中だけで納得したいのか…?? なんですよ。。
結果を出すってことの意味の違いがそこで出てくる。

私は自分の病気を治したいだけ…上も下もないし、、
それがある程度自分で納得いくレベルになったときに
それぞれの人達が回復してきたように、同じ土俵に立てると思うんすわ。。
そーなったら私は団体がどうとかより、個人的なレベルで見ることが出来ると思う。
変にマイナスな部分もそれは個性として自分で認識できて
こそこそしながらも、ある程度堂々と通りを歩けると思いまふ。。

ごちゃごちゃ言ってないで、やることやれよっ!と言われてるのが
目に浮かぶので、今日はこれから引っ掛かってることを12&12に載っける作業をします。
つまり今までの被害妄想的な思考に囚われていたのは、自分が他者をそのように
見ていたことの裏返しってことですよ。。

それに気づいただけでも少しはマシになったかな…w


 ● 私の支配欲・独占欲ってのは自分で思うより強烈に強い…w



何とかできるなら緩和したいけど…その欲自体は根絶することはできないと思うですよ。。

てなわけで、、ほなっ! (ΦωΦ)ノシ





by tightrope_3 | 2014-08-12 12:16 | 欲求
トラウマがあったってイイじゃまいかっ!!
昨日言いたかったことがイマイチまとまってなかったのでここにエビデンスの意味も込めて
追加しておきまふww
コレは数年前の記事らしいけど・・・(ΦωΦ)


f0206509_11221292.jpg

個人の記憶は無意識のうちに書き換えられていく、「社会への同調」で生まれる「ニセの記憶」

きおく wiredの伝えたところによると、われわれは世界を「物語」として認識するが、それは「事実」を歪めてしまうことも多いという。同時テロのような社会的大事件についての記憶も含め、個人の記憶は、社会に同調する形で容易に変化しうることが実験で示されている。

ソース:「社会への同調」で生まれる「ニセの記憶」 ≪ WIRED.jp

 人は物語を作る。われわれは世界を受動的に認識するのではない。われわれは世界についての物語を語り、ランダムに起こるイベントを整理して、ひとつの筋の通った物語にする。

 この習慣は役に立つことも多い。しかし、深刻な副作用もある。筋が通っていない事実については、それを歪めたり無視したりする傾向があるからだ。エピソードのほうを重視するあまり、真実が遠ざけられ、何度も語っているうちに純粋な創作になることもある。

 われわれは自分の物語を調整して、よりよい物語に変える。われわれは事実を曲げて、もっと集団にアピールするようにする。われわれは社会的動物であるから、過去の記憶も、社会的圧力に即する形で絶え間なく修正されているのだ。

1



 この現象について研究した論文が『Science』誌に掲載されている。神経科学者チームは、個人の記憶が、さほど時間が経たないうちから、他者の意見によって変化しうることに着目した。

 実験では、数十人の被験者が、5人ずつのグループに分けられ、警察の逮捕の様子を追った現場レポート風の短いドキュメンタリー映像を見せられた。3日後、被験者たちは、ドキュメンタリー映像についての記憶テストを受けた。さらにその4日後、被験者たちはもう一度呼び出され、今度は脳スキャナーにかけられた状態で、映像についてのさまざまな質問を受けた。

 被験者たちは、同じグループで映像を視聴した他の人々の回答を見せられた。ところが、「ライフライン」として提示された回答は、実はどれも間違いであり、しかもその質問は、前回、彼らが自信を持って正しく回答したものだった。驚くべきことに、この偽のフィードバックは被験者の回答を変化させた。ほかの人の意見に従って、事実と異なる回答を行った確率は70%近くにものぼった。

 問題は、彼らの記憶が実際に変化していたかどうかだ(過去の研究において、人は社会に同調するために、間違っているとわかっている回答も行うことが確認されている)。このことを調べるために、研究チームは、被験者をさらにもう一度呼び出し、再び記憶テストを受けさせた。その際に被験者には、前回見せた回答は、実は同じグループで映像を見た人のものではなく、コンピューターでランダムに生成したものだったと告げた。すると、最初のテストと同じ回答に戻るケースも見られた一方、40%あまりの回答は依然として間違ったままだった。これは、前回植えつけられた虚偽の記憶が、被験者の中ではすでに事実となっていたことを示している。

 虚偽の記憶が永続したケースと、「社会への同調」によって一時的に誤った回答をしたケースとで、脳の活動を比較した結果、研究チームは、記憶間違いの神経的要因を突き止めることに成功した。主要な引き金になっているとみられるのは、2つの脳の領域、海馬と扁桃体が同時に激しく活性化することだ。

 海馬は長期記憶の形成に関わっていることで知られる領域、扁桃体は脳の感情中枢だ。この2つの領域が同時に活性化すると、正しい記憶と虚偽の記憶は、虚偽の記憶のほうが社会的要素を帯びていた場合、入れ替わってしまうことがある、と研究チームは述べている。このことは、他者によるフィードバックは、われわれの記憶する体験を形づくる強い影響力を持っていることを示している。

2

 なぜこの現象が起こるかについて、研究者たちは次のように述べている。

偽りのプロパガンダなどがもたらす社会的影響は、政治キャンペーンや商業広告における個人の記憶に有害な影響を及ぼしたり、目撃者の証言を変化させて裁判の妨げになったりするおそれがある。しかし一方で、記憶の同調は、適応的役割を果たす可能性も考えられる。社会的学習は、個人的学習よりも効率的で正確であることが多いためだ。このような理由から、人間は、本来の個人的意見と食い違っているときでさえ、集団の判断を信頼する傾向をもっているのかもしれない。

 この研究は、社会的に共有された物語が、個人の記憶をまったく信頼できないものにしうることも説明している。例えば、2001年9月11日の「鮮明な」記憶に関して調査が行われている。悲劇的なテロ事件があってから数日後に、ウイリアム・ハーストらによって率いられた心理学者たちが、人々の体験についてインタヴューを行い、その後も個々の記憶について追跡調査を行ったのだ。その結果、1年後には、事件の詳細の37%が、最初の叙述から変化していた。2004年には、その数字が50%近くに達した。研究者たちは現在、10年目の調査結果をまとめているが、おそらく記憶のほとんどがフィクションに近いものになっているだろう。

われわれの物語は、よりよいものになる。よりエンターテインメント的で、ドラマチックで、恐ろしさをより強調したものになったりする。しかし、その「改良」は事実を犠牲にすることで行われている。物語は意味を生じさせるが、人生はふつう、そうではないからだ。


ヨカッタ…長くならなくてw こういうことを幾ら提示したトコロで
私自身が回復・成長してなければ、昨日も書いたとおり説得力はないワケですよね。
今現在、もっスゴイ大事な情報と向かい合っているんだけど
コレは今のトコロ公表したくないです。。
ホントに自分にとってヤバイ情報なんて、公開するワケがないでしょうに…w
ましてや迂闊に他人に勧められないしね。。フー( ̄‥ ̄)=з


とりまコレから昼ごはんの焼きそば (生麺) をちゃんと作ることに集中しますんで・・・
買い物も今から、、今日は野菜が安い日なんですわー。
でもあんまり野菜摂りすぎると (朝イチで野菜ジュースも飲むし)、 コチトラ尿管結石になっちゃうんでねww
いろいろとバランスが難しいんだっちゅうてねw

 ● 昨日に続き、有吉ネタ。。


トラウマがあることを恥じることはない。
もしかしたらそれは解消されず一生続くマイナスの個性になるかも…
2ヶ月前の時点の話で言うと、親父が死んだことで一旦私は気持ちが軽くなった。
今はその反動でうつ感が来てますが…
コレは何かあるのは間違いないワケです。。
状況の変化に対応してる自分が何処かにいるんですね。
これでワカッタのは、人より時間がかかるんだろうけど、社会適応力が少しはあること。
でも通常レベルには届かないんでしょうけどね…ww

(´・ω・`)=з なんちゅーか、、それは人にとってはどーでもイイことですよね。

さて、これから買い物行くだすよ。イチバン暑い時間だけど、それが運動になるのでw
ほなっ! (ΦωΦ)ノシ



by tightrope_3 | 2014-08-06 12:34 | ニュース
ホントになんだかにゃー
この1ヶ月強、外に出る機会があまりない。。
外が曇り・雨の日が多いので、カーテンを開けず電気をつけている。
完全な引きこもりになってしまった。。

オカシイなぁー。こんな予定じゃなかったんだけどな。
私はもっとラクな気分になってるハズだった。
アレだけ邪険にしてた親父のことが無意識的に気になってるんだろうかな。。
確かに怨みは捨てきれなかったし…
そのシッペ返しなのかな、、
つまり12ステップでは抉れなかったということにもなるが
自分のツッコミが甘かったんだとしたら・・・

もう一度やる必要があるかも。。
それには勢いがないとな。
今その勢いはないですわー。
イロンナことが不可能になり、身体も弱ってしまった。。

f0206509_12302392.jpg

まず体力的なことを立て直そうと思う、、
寝てばっかりで筋肉がガタ落ちですわー。
腰がイタイので1時間以上座ってもいられない。
ナントカしなきゃな。。
何しろビンボーが邪魔して気力まで失われているのは確かだし…

 ● 結局自己完結なのか…??



他者との接触、その試練に耐えられない者はどーなるのか。
つまり行く先はホームレスか孤独死。
観念で自分を決めつけたくはないが、恐れ・怨み・不快の根は深すぎる…
今の自分に手に負える気がしないが、いずれ復活することもワカッテいる。

事実、数ヶ月前よりは怒りっぽくなくなってるし、
衝動で動くことも少なくなったワケで…w


まだしばらく日和見しますわー。。
ほなっ! (ΦωΦ)ノシ




by tightrope_3 | 2014-07-14 12:06 | 精神世界
ごちゃごちゃ言うなら、システム論で。。
例えば12ステップを最後までやってみる・・・。
やりきってない人が文句を言う資格はないのは当たり前としても、
(そんなのは論外だし、時期が来るまで何年でも寝てろw)

神的なそういうのはシステムだと感じて当たり前で、だからこそ宗教的でなくても "全知全能の絶対者" ってのが必要なことなのがワカルはずですよ。。
コレは、システム理論上の上でね・・・

何故かって言えば、システム上に於いて "絶対者" というのを自分のなかに置いてないと、自分が神になってしまうからですよ・・・ww
でしょう??

事実、人間は縛りがなければ・・・自閉的になればなるほど神に近づいていくのは容易に想像がつくはず。。

では、私が何故そーいう感じにならないか、、、あくまで絶対者を自分のなかに置いているからです。。
匿名でいることも関係あるし、、(そりゃ1日に1回は意識的に聖なるコンタクトを取る時間を持ちますが)
あいや、そーしなきゃ自分が自動的に神になるシステムに気づいたからですよ、、
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
アタマのイイ人ならワカッテル事ですよ。。

(特に新人アディクションの方には特に言っておきます。。)

私はある意味自由の身ですよ・・・いろんなシガラミから、Yes,Noを言える立場です。。
タダ間違って欲しくないのは、自分を分析もしないでそういうことに結論付けてるってのは莫迦ってことです。。
人間の本能からすれば、集団要素を作るのは当たり前。。
それが、目指したカタチがそうならしょうがないし、、
逆に "主体であるコッチ " が納得しなければ行動はしないということです。。
ただ、その "主体" に変化が訪れるわけでね。。

辿り着くまでに余計なモンに惑わされたりすることもあると思う。
でも、ぶっちゃけ言うけど、、、
相手に悪気はなくとも、ダマされた方が阿呆なんよ。。
けどね、同時に反面教師的にイイ事も教わってるんだから、決して無碍にはできないのも事実。。
新しいのが全てって事じゃなく、
50:50で見れる視点が必要なんだよ。。

それに、自分はそれに乗っかれなったって嘆いてる連中・・・
やり方やシチュエーションが悪かったんだろうな。。残念・・・
けど、そのことを恨んだって仕方ないんだよ。。w
極端に言えば仕事をヤメてまで病院にはいることや12ステップをヤル覚悟がなかったってこと、
だったりするんだわー。。(あくまで一例)
それが出来なかったからって、他人を恨む理由にはならんよなー。。
ヤル人は、それなりに犠牲を払ってヤッタんだからさ・・・。でしょ??

そういう輩はステップ3までを何度も繰り返してやれっての。。ただ流し読みしただけなんちゃうの??
何も感じてないんちゃうの??
そんなん、何の意味もないで・・・「ただ読んだだけ」だよ。何かを感じるくらいまで続けてみ??。。w

感じたんなら、それで( `д´)b オッケー! なんだけど。
だから、宗教臭さがイヤなら、システム論でやったらどーだい?? ってことですよ。。
だって神様は実在論では語れないんだからさ…。

f0206509_22493964.jpg



それすらしないで、、(と以前の私もそーでしたが) 拗ねてばっかで救いがないと喚いてたって何の解決にもならないことくらい、今の世代はワカッテいるハズ。。
結果うまくいけば、それで構わんジャマイカ。
たぶん私は非常に危険なことをイッテルんだろうけど、それでもそこから落ちこぼれてgdgdイッテル連中よりは全然マシだと思うけど、どう思うよ?

神を否定するのはラク…誰でも出来る。。じゃあ「スピノザ→ニーチェ」ラインで自分の意志だけでやってみ??
アルコールが自分の意志でどうにかなるもんではないことはご存知のハズ。
なら、その後の人生も同じなのは想像がつくでしょうに。。w
そーいうことですよ。。
全部自力でやろうとした結果アル症になったんでしょ??
なら、そこを改めないと・・・な?ww ワカリヤスイでしょ?

ところが問題はそこから先ですよ。。(ここからはパニ症のお話)
私は自分の根っこの病気と向き合ってきた。けどなんか違うんだな。。
最近ちょっとアプローチの仕方を変えているのであ〜る。
つまり、内的な自信がつけばいいワケなのであって、自分の納得のイク日常なり体験ができれば、かなり解消できるハズなのだ。
しかも、完璧主義の自我をある程度縮小してきた今となっては、時期的にもってこいのチャンス。
ということで、今水面下であることを実行ちう。。

コレは、ある程度病気が克服できた段階で発表するので、今は言わないww
また、輩がうるせぇーからな。
そーじゃなくても最近、このブログ勝手にコピペ投稿されてるから・・・ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

● 追悼の意味もあるけど、それだけじゃない。。


by tightrope_3 | 2013-11-01 23:57 | 精神世界
最近よく寝るでおじゃる。(Φω~)m
ダラケテルつもりはないが、少しずつ精神的にも落ちついてきて身体的にも椅子に座ってられるやうになったので、なんとなしに日記の意味で書いてまし。。

一昨日あたりにちょっと間を開けてたBBSにここぞとばかりに例のアホ客がやって来て、例によってアホなコメント残してイキよった。
なんかもう、そーいうのはどーでもいいわww
どーせ、ヨッパなんだろーから何言ったって理解できないだろうし、時間の無駄・エネルギーの無駄ww
軽く一言添えて、出禁に処した。。

今ビッグブックCDの第10章・11章を聴き終わり、にゃるほろね〜と頷きながらテレビの電源を「相棒」見る為にポチッとな。

4日にWEB予約したdocomoでのiPhone5sは地元のショップで153番目だったらしく、(驚異的な人気っ!w) 年内に手に入るかどうかってとこらしい。。
受付開始からわずか15分程遅れただけなのに、、、地元民を見くびっていたかな。。w

「相棒」が終わってから、ちょっくら夕飯の買い物に行ってきた。カツオのトロ、この時間だと半額セールで¥298 (1人前) (=^.^=) ねこマッシク゛ラ~!!

明日はメンタルの方の通院日。
内科と重ならないのは珍しいというか、敢えてズラしているせいもある…。
いつもどっちもギリギリまで待っての予約なので、(これがパニ症のなせる業…w)
でっきるだけギリギリまで予約というか予定は入れたくないんですよ。。
少しヨクなってきたとはいえ未だにイヤなんですわ、、自己完結できないタスク・スケジュールはww

たぶんウチの家族が不完全機能家族だと思っているのは私だけで、妹からすればそんなことはないんだろうし、事実旦那の方の家族とも連携をうまく取ってるらしいが、私は1度も会わせてもらったことがないw
たぶん私は家族の恥部として、「生きながらにして無かったことに」されてるんだらうねww
それはそれでイイ、正当な扱いだと思いまし。当然です。。
だったら、それはそれで喪主とかそういうことになったら降りますよ、と。。
都合のイイ時だけ担ぐなよ、、と今のウチ言っておくwww
コレ、記録だからね・・・。別に私はカネもなーんもいらねえよ、、って元々親父は持ってないしねw

ということは、私を外せば万事ウマくいく家族というか、波風あるフツーの家族になるワケであるのよね。
そこはもう明白なわけで…。
ンなワケで、私独りが異物なワケです。。
(; ̄ω ̄)ノ オイオイ…スネちゃってるのか、Boy・・・  あのね、両親もどう接していいか解らなかったはずですよ。
親戚連中もそう・・・
コッチも幼心に気を遣って、向こうもどう対処していいか解らなくて・・・

だからこーなんだよ。。今私はとっくに大人だからすべては私の責任とすべきなんだ。。
けど、どーしていいーかワカラヘン。。

● 頼むから責任を取らせてくれ…。






by tightrope_3 | 2013-10-07 20:23 | 日常
King of Pain
言わずと知れた "The Police" の名曲からタイトルを取りましたが…
何となく、自分の立ち位置の落とし所としては腑に落ちるんですよね。。

あぁ〜〜、もちろん私がSting程の才能があるとかイッテルんじゃないですよー。
むしろ逆です、、インプレッションはあるモノの表現できないポンコツという意味ですわーww

おそらくアル症の皆さんはアルコールをヤメる際の離脱症状というのは少なからず味わったことと思います。
それは、個人的なモンで比較的ラクだった人、何度も死にたくなるような苦しみを味わった人…様々だと思います。。
しかし、どっちの苦しみを味わったにせよ所詮は自分で招いたこと。。
というか、そこの苦しみを抜けた人には必ずご褒美があるんですよね…。
その為には入院やらイロンナ投資をしなくてはならなかったかもしれない。
でも助かったのです。。ww ぶっちゃけ言えば私は後者の方かも・・・。
けど、そんな簡単に比較はできないですよね。だから人の話を聞いて自分で決めろと。。

これ以上になにがあるのかって話ですよ・・・w
生きていれば、もし努力の結果とラッキーに恵まれたら、それまでの生活を取り戻せるかもしれない。
できないかもしれないけど、、、。
やってみる価値はあるかもですね・・・ただ、全く別の選択肢もありますが。。ww

取り戻すとか、そーいうことでなく新しく作って行くと言う試みならば、
私は微力ながら手助けはできるかもしれない。。
それ以外は知らねぇーよwww
保証なんて何処にもないからねィ〜〜。。
だってそれは、こっちも壊れた人間のやることだし・・・
そこに救いを求めて来ること自体、博打に近いんですよ。。!!

ワカリますか?・・・これが今迄、大手自助Gが隠してきた実体です。。
私も少なからず、救われない一人でした・・・
ところが、時間が経ったら救われてることに気づいたんですよ…!!
それに気づいて欲しいワケです、、まだまだ人間捨てたもんじゃないよってことを。。


それでもまだ人生大博打には変わりない。。
回復・成長の時間軸は人それぞれですし、一生それが感じられない人も残念ながらいて、また連続飲酒に陥ってしまうかもしれない。。
それでももし、命が助かればまたそこから回復への道は開かれるということです・・・
但し以前ほど簡単ではなくなっているということは覚悟しておいてください。。

それでも呑みたきゃ呑めっ! って話ですよ。
その分、立ち直る時の苦しみもハンパないですよ…。それを覚悟で呑んだんですから。
どこまでも自己責任です…
私も何度も繰り返してきましたよ、ぶっちゃけww

でも、曲がりなりにも12ステップを最後まで踏めたのは、ラッキーだったと思うし周りの人のチカラももちろんありますよ。。
けど、まず自分がやる気を出さなくては、またはそれらに出会わなければあり得なかったことなワケですよ。。
私は来年死んでるかもしれないけど、そんなことは知ったこっちゃない。。ww
それは単なる寿命だしね。
そんなことより、今この境地に立ててることに感謝しているワケです。。


それは、上とか下ではないんですね。。
非常に心地の良い、みんなが平原にいる感じ…。想像できますかね? もちろん社会では通じない感覚ですよ。
社会では日常的に対応しなくてはイケマせん。
実はこのブログ、3日がかりで編集しながら書いてます。。

なんちゅーか、来たくない人は来なくてイイし、来たいのなら手助けのひとつでもできればしますよ・・・でも登って来るのはあくまで(σ`・ω・)σのチカラですよ、、、ってことだから。。
みんなその道を通って来てるワケだしね。
そしたら、堂々とその草むらに寝転べばイイ、、けど門をくぐりもしないでそれはあり得ないでしょ??
やりもしないで文句言うんじゃない。。それは単なるガキンチョのやることですよ。。
テメエの人生、しっかり落とし前つけようジャマイカ。。
言うことあるならそれからですよね。。ww

f0206509_7183793.jpg



もし(σ`・ω・)σが堪え難い恐怖や地獄を経験したとしても、それを他人のせいにしていては
何も解決しないし、 始まらない。。
もちろん荷を下ろすやり方もありますが、最初は荷を背負ってることを受け入れることから始めないとそれを降ろすこともできない。。
私だってこの世のモノとは思えない地獄をくぐり抜けてきたと思ってるww
けど、そんなのはただの主観でしかないですし、、

さぁー、、、そこからどうするか。。すべては(σ`・ω・)σ次第です。。
私も勝手にやりますので・・・

お互い、頑張りませう・・・ww

 ● 感情と真理は必ずしも、その時に一致はしないモノですよね。。


by tightrope_3 | 2013-09-24 07:41 | 日常
久々の親父との会話。
ホントに、マトモに会話できたのは久々だと思う。。
ってか、引越して以来初めてかもしれないなぁー。
晩メシ時だったんだけど、何気にコッチから「元気かい??」と・・・(この時点で既にオカシイ家族だ)
「元気だよ。」と親父。。しかしそれ程調子良さそうでないのは、
食事量からもみて取れる・・・そこで「コレ美味いぞ」と半ば無理な誘いで、
大蒜の紫蘇カツオ漬けを数片食べさせた。。(ヨッシャーーッ!)

そこからイロイロ話を引き出して、今不満に思うことやこれからどーしてイキたいか等の話をじっくり聞いた。。

やっぱり、何も変わっちゃいない・・・昔ながらの親父がそこにいましたよ。
我侭で、独占的…そうとは言われてなくても息子の私からすれば、この人は間違いなくアル症的であり、今までのいろんな場面 (親戚同士の家族会議的な場面とか冠婚葬祭などの) において限りなく失敗して来た人だからである。。
すべては飲んでしまったが為に誤解が誤解を呼び、ってか飲んだテメエのせいなのだがそーやって親類からの信頼を失ってきたのである。
ところが、親父がそんなこと自分で認めるワケないので敢えてそのことには触れないで、
(タダでさえ末期ガン。。)
それとなく、これから涼しくなったら一緒に散歩しないかと提案してみた。
親父の性格から言えば、ケアのオバハンから指示を受けるより同じ内容でも私の方が男気を出せば、
絶対に通じるモノがあると確信していたし、この時を待っていたと言ってもイイ。。

「オマエも立てない時期があったのか…?」と親父。
「あったよ、、何十回と。でも、今自力で立って歩けるし近距離なら苦しくもないよ」と私。
ちなみに今日の内科の通院で、私の血液状態はかなり正常ラインにハマっているとワカッタ。。w

けど、こんな気味の悪いくらい言葉が通じるときが極希であることもワカッテるので
明日になったらスッカリ忘れられてても何ら不思議ではないのである。。

これは完全に私からのエゴなんだけど、こんな1日があったことに感謝したい。。
この1日・・・忘れない。。

さっきの晩メシ時、明らかに私と親父はつながっていたですよ。。
この時間、早くも親父はもう寝てますけどね・・・ww

f0206509_20101377.jpg



取ってつけたように言うかもワカンナイけど、、、私自身12ステップをやっていなかったら、おそらく納得も行かずにウダウダとゴネていたと思う。
自分が成長してなかったら、たぶん受け止められてないことだと思う。
ってか完全にスルーしちゃってるな。。

親父はガン告知を受け入れつつも内心グシャグシャだったんだろう・・・
私自身だってここまで生きて来れたのが奇跡なワケだし。(アル症の方はオワカリかとww)
どっちが先に逝ってもオカシクはないのです。。ところがお互い運良くここまで来た。。。

まさに、この道のりが奇跡的ですよ〜!
たとえ一瞬でもぶ厚い岩盤を壊しお互いに通じる道を作ってくれたんだから。。(泣

何かの映画であったな・・・「この瞬間は永遠なんだ。。」

いずれ消えるモンだと知ってるが、、今は感じさせてくれ・・・
最後でもイイ、贅沢は言いませんので。。

 ● 親父のホントに好きだった音楽とは何だろう??
     Jazzが好きだったとは聞いてるが、どーせ上っ面に決まってるしw
     私のjazzCD から随分と貸しっ放しにしててそれを自分のモンと言い張ってるからなぁー。。
     そういう人ですよ。。
     敢えてこういう曲を送ろう・・・「残りの人生、巧く生きろ!」
     これしか言えないよ。。


“Fragile”

If blood will flow when flesh and steel are one
Drying in the colour of the evening sun
Tomorrow’s rain will wash the stains away
But something in our minds will always stay
Perhaps this final act was meant
To clinch a lifetime’s argument
That nothing comes from violence and nothing ever could
For all those born beneath an angry star
Lest we forget how fragile we are

On and on the rain will fall
Like tears from a star like tears from a star
On and on the rain will say
How fragile we are how fragile we are

On and on the rain will fall
Like tears from a star like tears from a star
On and on the rain will say
How fragile we are how fragile we are
How fragile we are how fragile we are


生身のからだに鋼の刃が突き刺さり
流された血が夕陽に染まって乾いてゆく時
明日にでも雨が降れば血痕は洗い流される
だけどぼくらの心を襲ったものは いつまでも消え去りはしない

ことによるとこの最終的手段は
暴力は何の解決にもならず
行かれる星の下に生まれた者たちにはなす術がないという
一生かけて主張をねじ伏せるものだったのかもしれない
人というものがこんなに脆いとぼくらに思い知らせようと

いつまでもいつまでも雨は降り続けるだろう
まるで星が涙を流しているようだ
いつまでもいつまでも雨は降り続けるだろう
人というものがどれほど脆い存在か


訳:中川五郎 氏 CD『ナッシング・ライク・ザ・サン』より



ゴメン、親父。。私はそういう人間なんですよ!!
ワカラナイでしょうけど…。









by tightrope_3 | 2013-09-02 21:05 | 家族
禁煙2日間やってみた。。
ここ2日間のトラブル。。
母が倒れる ⇒ 親父が「アアーッ!」と言う回数が増える ⇒ 必然的に私に負担が来る ⇒ 余計なことをするため家中めちゃくちゃになる。。

こんな当たり前のシステムが、突発的に起きるとは。。
しかし、母の様子も対したことなくてヨカッタ・・・おかげで私は煙草を2日間禁煙できた。

イザ、となればできるのである。。
がしかしィ〜これ〜、煙草ヤメてた間の2日間というのは、まったく私は機能してなかったのでござる〜。。
しかも、またしても直したハズのエアコンからまた水滴がボタボタと垂れ始めて来たのに、、
「あーあーあー・・・」という感じでほとんど対処できず、
前回修理を頼んだところの電話番号さえワカラナイ・・・結局のところ母が管理していたので
寝ている母から聞き出すことに。。 (´・ω・`)=з

結論から言うと、、
私ではこの家は切り盛りできないのでござーる。。
イロンナ大事な情報が私のところには知らされてない・・・以前の呑んだくれ生活を考えれば当たり前か。。w
信用しろって方が無理だよね。。

一度ガタ落ちした・・・ってか何度もか・・・信用・希望・回復といったことをコトゴトク裏切ってきた私である。
一生かかっても、家族・親類に対しての信頼は得られないかもしれない。。
信頼されてないから、家族も私に対しては大事な話はしない・・・すべて妹の方へ流れて行く。。

このスルーされる感じ・・・タマランですわー。。
(・ω・ ;)(; ・ω・)キョロキョロ… そして、 、、
ドヨ〜〜ii||i( ((|||´д`)) )ii||i〜〜ン!!

いわゆるひとつの "隠れシカト" ですわな。。

下手すれば、こんな態度を取られ続けられたら、「あ〜そう、そっちがそう来るならオレはオレで行くよ。あんたら後で知らんでぇー」と以前の私なら言ったはずである。。
ところが、ステップ10・11の段階になると、完全に自分の非は認めている・・・しかし、周りとうまくイカナイことに対しては・・・切れない関係に対しては・・・そんな態度は取れない。。
取り敢えず、今迄家族をスルーしてきたのは他ならぬ自分だし、、、

ただ、そのことに自分の一生をかける忍耐力があるかどーか、
それと同時進行で自分の社会復帰 (自立) に向けて頑張ってイケルか??
ってとこで日常を過ごすことになるので、新しい自己の実践としてはまさにこれからなのである。。



f0206509_133608.jpg



そう、、よーするにテメエがやらなきゃしょうがないワケで・・・
逆にやってもダメなら、また丸投げしてやり直せばイイだけのこと。。
もし、そのとき命が残ってれば・・・ "お慰み" ってことで・・・


 ● ツライ・・・生きるってことはまさに、ツライけど。。"100万$ナイト" By 甲斐バンド (1983)

by tightrope_3 | 2013-08-11 13:52 | 日常
自我の縮小について・・・ですが。。
今まで、ガサ入れ (自分の部屋を) してたところ、、AAのハンドブックが見つからない。。
もー、なんやねんっ!
ひとつ見つかっては、何かが足りなくなる・・・
こんなアホらしいことで日常を潰すなんてマッピラだと思ったワケです。。

でも、ちょっと待て・・・

自分は人に償うと決めたんではないのか、、と。
ならば徹底的にやらんかい・・・と。。

今日は起きたら昼起きで妹が来てまして、いつもとは違う日常だったのです。
お昼から手巻き寿司を戴いて、とても世話になってしまった1日だったのです。(いろんな意味で、、)
中トロの手巻き、とっても旨かったです。。

けど、家族内で解けない謎は幾らでもアリ・・・私はどーやら部外者のようです。
そーいう雰囲気はビンビン伝わってきましたよ。
親類も含め、私の今までの生き様を考えたら、その態度はそりゃそーでしょ〜ね。。
誰も私を頼ろうなんて人はいませんし、いる方がオカシイ。。
(たぶん、その寂しさは親父が親族で得られなかったのと同質のモノ…)
それを一生背負ってイクのだろう。。

それにしたって、たぶん長い時間ではないですよ。。
自我の縮小を勉強 したら、「自分なんていなくなれ」ぐらいに思えて来ますから。。

スディーブ・ジョブス・・・Appleの前CEOの言葉。。
f0206509_20441962.jpg



こんなに強い言葉すら入って来なくなるしねー。。
あいや、言ってることは全く正しいハズなのに、って意味でね〜。
とにかく・・・まみれまみれて、ふがっふがっ・・・
†┏┛墓┗┓†*`Д´)m シンデネェヨッ!!


 ● "光あるうちに行け" By 甲斐よしひろ


by tightrope_3 | 2013-08-07 21:09 | 家族