焦らない、穏やかにと心掛けているのだがぁー
by doraX3121
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
外部リンク
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
メモ帳
客が来ねえなぁ〜〜〜っ
最新のトラックバック
検索
Date
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
マイケルに見る依存症の再認識。
 マイケル急逝から一夜が明けた巷では早くもマイケルの死因についてうわさが飛び交っている。マイケルが心臓麻痺を起こして意識不明になる直前に、マイケルはお抱えの医師コンラッド・マリイ氏よりデメロールという強度の鎮痛剤を注射してもらっていたとの情報があり、ひょっとするとこの大スターの死もヒース・レジャーやナコール・スミスのように薬物過剰投与によるものか……と界隈は増々暗い気分に包まれている。

 マイケルがロンドンでの大ツアーに向けて猛特訓をしていたこと、そして彼には鎮痛剤依存症の気があったことは業界内では知る人ぞ知る事実である。猛特訓の末に持病の腰痛が悪化して鎮痛剤の量を増やしていたかもしれないという見方も濃厚だ。

 マイケルと長年親しくしており、ドクターでもありスピリチュアルなライフ・コーチとしても名の高いディーパック・チョプラ氏によると、「以前マイケルから鎮痛剤の処方箋を書いてくれるように頼まれたことがあった」という。チョプラ氏はそのときマイケルに「どうして鎮痛剤なんかいるんだい?」と聞いたところ「大したことはないからとにかく……」という感じだったらしく、チョプラ氏が「常用をしているのか?」と問いただしたところ否定されて、「ほかにも痛みに立ち向かう方法があるんだよ」と諭すと、それ以来しばらく連絡不通になってしまったという。

 「マイケル急逝のニュースを受け取った時、真っ先に脳裏をかすめたのはそのときのことで、薬物の過剰摂取に違いない、と思った」と同氏はテレビのニュース番組で語った。



ここでわかることは・・・

More
by tightrope_3 | 2009-06-28 10:33 | 精神世界
北状勢
北朝鮮の日本に対する本当に攻撃する可能性というのは、ほとんど皆無だそうだっ。

日本を攻める際に、必要なミサイルも直径10メートルの穴が空く程度だし、

海軍に至っては船を動かす、燃料さえないらしい・・・。

というわけで、日本に対する脅かしは、すべてハッタリということになる。。。

では北の軍事目的は何か・・・?

More
by tightrope_3 | 2009-06-12 11:51 | ニュース