焦らない、穏やかにと心掛けているのだがぁー
by doraX3121
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
メモ帳
客が来ねえなぁ〜〜〜っ
最新のトラックバック
検索
Date
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:依存・リカバリー( 2 )
レグテクトはもうヤメたよ (ΦωΦ)ノシ
どーも、ご無沙汰です。
ゴ・ブ・サ・タw う〜ん、何とも言い難い感じなんですが、、
やっといわゆるネット依存の感じを超えられたかなぁと思ってます
これでヨカッタんたんだと認識できて満足できてますわ♪

半年以上かかりましたよ、、マジで。
人間インプットが必要なのと同等にアウトプットが必要なんてことは元々知っていても
そのやり方が解らなかったりする人達は大勢いるでしょ??
簡単に言うと"操るつもりが操られ…"ってことだったんですよね
あいや、もちろん悪い事ばかりではなかったですよ。。
恩恵に預かった部分は大いにあるワケで・・・m(ΦωΦ)m



なので今は投薬の調整で日常生活を補填ちう、、、
体質もちょっと変わってきてるんですよぬ。。



自然的な衰えか、後遺症的なことなのか、
別にどっちでもいいんだけどね、衰えてきてるのは確かなんですよ。。
そんなの自分で解るし、、
特に記憶力の低下は酷くなっとるわな。
これは自分が自分に甘いせいでもあるという部分もので、〆方如何によってはなるよーになるもんでもある。
DHAとEPAをサプリメントでも摂ってればイイんじゃないのって??
やっとるわい ヾ(*ΦωΦ)ノ
それでダメならもう病院行きだし、、
そんときゃ、完全にアルツのハイマーやからなw



f0206509_12455893.jpg
f0206509_17384159.jpg



今まで放棄してきた責任のすべてをどーにかしろと言われても、
それは一生かけても多分償いきれない。
いろんな意味での代価は自分で払わなければならない、
それも叶いそうにない。

一生それを抱えて苦しんでいく、、それがせめてもの自分の宿命
そんなふうに考えがちになる
たぶんそれは正論だし人として当たり前の道。。
んま、仕方ないか…パンチドランカーみたいなもんなんやな(笑
メガネも変えたけど視力も前回より悪くなってるし、老眼がかなり加速しとるし


ところで "レグテクト" はもうヤメましたわ~
ほとんどプラシーボ的な効果でしかなく、しかもクスリ代取られるならイラナイよね。
それよりも出して欲しいおクスリは他にあるワケで…w
そしたら眠くて眠くて仕方ないという副作用がががが、、
しばらく試してみないとダメらしいんだが、場合によってはこれも変更かもね
こうなると、"断酒三本柱" のうち "抗酒剤" と "自助会" というふたつを失ってることになるので
かなりヤバイ状況にはなるのだが
来年あたりから "自助会" の方では少しずつ動きだすつもりでんねん。。(ΦωΦ)v
結構期間が空いたので、かなり腹をくくらなきゃならないですけどぬっ!!


そんな物想いに耽る、秋のひとときでした。。


 ● 山田孝之(闇金ウシジマくん・他)が語る
   昨年のYAZAWA、、

 


てなわけで、ほなっ (ΦωΦ)ノシ










by tightrope_3 | 2016-11-05 19:13 | 依存・リカバリー
【追悼】 Bowieが亡くなった。。
(日本現地時間) 1月11日、何の癌かは発表されてないが闘病生活の末
David Bowie が死んでしまった。。
どうやら新アルバム発表したばかり (自分にとっては全くのノーマークですたw)
だったらしいけど、こっちはそれどころじゃなかったしね。。
そこに突然の訃報、、、

これはガツンと来たっすね。
ぶっちゃけ、一昨年の親父の死んだ時よりも衝撃はデカイっすわー。
そう思えちゃう自分はクズ中のクズなんだろうけど、、、ww

f0206509_11093413.jpg


ある意味、負のつながりというかホントにマイナス思考からの勝手なつながり
なんですけど、Bowieとは『片目』というハンディということの共有なんですよね。
ビートルズ、ストーンズありのなかで片目のハンディを背負ったこの人が出てきて世界を席巻した。
そんなのもちろん自分の幼いころのこと、、
音楽はもちろんのことライフスタイルそのものの影響も大きかったし…
実際のところ聴き始めたのは高校生になってから。
御多分に洩れず 『Let's Dance』のヒットからですわ。映画の 『戦メリ』も重なったし。
それからレンタルレコードや本など漁りまくったなぁ。
その頃一気に洋楽にハマっていった時期だったけど、ちょっと特別な感覚があった。


('16/01/14)
何をツマラン事をgdgdと書いとるんだ…w
んまんま、そんなハンディ的なことを物ともしないどころか、商売のアイテムとして利用してしまうようなところに
感化されちゃったワケですよ。。

思春期だったしね…w 簡単に憧れちゃったっス。でも自分に何の才能があるかどうかなんて
まったく関係ないんですわ。今思えば何の才能もなかったんで笑うしかないんだけど。
(。・ε・。)ムー

当たり前の事なんだけど、自分に足りないのは行動力。実践するチカラ。
そこに行くまでにエネルギーを使い果たしてしまうので…妄想・机上の空論の類で終わるんだな。
けど、眼の事だけでなく人と同じ事をできるようになるのにスゴク時間がかかってしまうという習性もあるのでし。。
コレを一般の人が "言い訳" "やらない理由" などどう言ってくれても構わないですよ。
とにかくそーやってしか生きてこられなかったし、アルコールに逃げた理由のひとつもそれだし。
ただそんな自分を今は俯瞰で見て憐れというより、『あ〜、ホントにイロンナ意味で才能なかったんだなぁ』と
只々世間の人達に畏まるばかりで、自分を現実世界でのちゃんとした位置付けには成功したと思ってまふ。。


で、今回のBowie氏の死で何を思うかと言うと、"もう夢見てるだけの時間は終わった。行動せよ"
ってことです。世間の人はもっと以前に気付いて実践してたのに、
ダラダラしてたのは自分だけ。いくら病気をエクスキューズしても逆転の結果を出さない限り、世間は納得しない。
その点Bowie氏は良くも悪くも結果を出し続けたし、そこを真似たいとは思ってもそうなると思うほど子供でもないしね

2013年にLou Reed が亡くなった時に "これはちょっと…" というイヤな予兆はあったけど、、
f0206509_19503175.jpg

昔のドラッグのヘビーユーザーは後世のロッカーを目指す若者に、後になって
『ドラッグ、、俺はヤメた。君たちは始めるな。。by Lou Reed』と警鐘を鳴らしたのは90年代初頭のこと。
クラプトンがアル症の施設を自ら作ったのもその頃じゃなかったのかなぁ…?
ビリー・ジョエルのアル症カミングアウトもこの辺りだったんじゃないかな。。
ただ、ドラッグとなるとBowie氏も70年代はハンパなかったはずなので、
ルー・リードと大差なかったんじゃないかと。


でも自分はその表面だけで本質を拾えなかった、、その頃は。
ここ数日動画サイトでBowie氏のLive動画を観まくっていた。。
そろそろお腹いっぱいなので、もうイイわ…。
とにかく自分は拘りが強く、世界が狭すぎる。
狭いといっても極めているほどイキきってない。
どこまでも中途半端なモンである。

今更イヤだと言ってもしょーがないが、それが自分の正体。


 ● 2004年、まだ元気な頃で評価も復活しかけの頃、、
 "Reality Tour 2004 (Philadelphia)"



ほなっ!! (ΦωΦ)v~b











More
by tightrope_3 | 2016-01-14 21:16 | 依存・リカバリー