焦らない、穏やかにと心掛けているのだがぁー
by doraX3121
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
お気に入りブログ
以前の記事
ライフログ
メモ帳
客が来ねえなぁ〜〜〜っ
最新のトラックバック
検索
Date
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:欲求( 1 )
これは、自分に向けて言ってるんですわ…w
(8/11付)

台風一過…まだ突風が吹いたりするけど、基本的には快晴で真夏日。。
朝方に荷物をベランダに戻して、二度寝してから買い物してきて
お昼はメンチカツサンドを用意してからの、、
この書き出し・・・ハッキリ言って疲れてるけど、そーいうこと言うたらアカンのです。
そりゃそう、、人に言われてのことじゃなく自分がやりたくてってコトなんでww

今回はこのテーマw (ΦωΦ)ニャー
「いくら勝ち負けの問題じゃないとは言え
嘘つき (偽者) には負けられないという欲求はあるワケだし、、」

f0206509_13220631.jpg

いわゆる「自信過剰な人」は、結構多いようだ。
例えば、どの職場においても人事評価の時期になると、管理職や経営陣から、
「あいつは、なんでこんなに自信があるんだ。何もしていないのに」であるとか、
「イマイチな人ほど、自己評価が高い」というような話が聞こえてくる。

だが、自信がある事自体は特に悪いことではない。「自信を持て」であるとか、「自分を信じるんだ」といったフレーズは頻繁に用いられており、「相手から好印象を持たれる話し方」のようなノウハウ本には、「自信をもつことが大事」と書かれていない物を探すほうが難しい。

だから、「自信がある人」が非難されるのは、多くの場合は「自信過剰な場合」、すなわち「その自信に根拠がない場合」だ。

具体的には、
「実績を作っていないのに、自信だけはある」
「努力をしていないのに、自信だけはある」
といったような場合だろう。

さて、このような人物をどう扱うか。悩んでいる人は多いと感じる。
そして、多くの場合、自信が問題となる状況は

・人事評価と高い自己評価の間に乖離がある場合
・自分で進んで勉強しない場合

など、他者が「もっと謙虚になりなさい」と諭したい状況が多いだろう。

しかし、結論から言うと、「謙虚になれ」と諭しても、謙虚になってはもらえない。

「日本人は謙虚さを重んじる」と言われることが多いが、これは対外的なコミュニケーションを取る時の技術に過ぎず、本心は非常にプライドが高い人々だ。NHKの調査でも、半数以上の人々が、「日本人は他国に比べて極めて優れた素質を持っている」と考えている。(社会実情データ図録)

また、内閣府の調査でも「自分は中流」と考える人が半数以上いることを見ると、「私なんて、大したことありません」という人の多くは、本心ではそう思っていないと見ていいだろう。

だから、「本当に謙虚な人など、ほとんどいない」というのが、現実であり、むしろ、そのほうが納得できる。
なぜなら、謙虚さとは、「本物の自信」から生まれるものだからだ。それ相応の努力を行い、実績を積み上げた人だけが、心から「私なんてまだまだです」と言えるのだ。

だから、「本当に謙虚な人々」(要するに実績があり、努力もし、真の自信のある人々)は、「根拠のない自信過剰」を責めてはいけない。自信過剰はその人の精一杯の自己防衛であり、拠り所なのだ。否定すればするほど、対立は深まる。

上位者は評価する際に「根拠の無い自信に溢れている人」を見ると、つい諭したくなるが、そんな時間の無駄はやめて、淡々と「努力の量」と「実績」で評価をすればよい。
もしかすると上位者の言葉に「私の自信は根拠のないものだったのですね」とその人が感銘を受け、改心するかもしれない。が、大抵は翌日になればケロッと忘れている。

根拠の無い自信であることは、本人も遅かれ早かれ気づく。ただ、それには時間がかかるし、自分で気づく以外にそれを克服する方法はない。
「私はその人の自信過剰を変えられる」なんて上位者が思う事自体が、自信過剰だということだ。

(2013年8月19日 Books&Appsに加筆・修正)



_______________________________________________________________________________


(8/12付)
ホント実力がないのに、イキガルってのはカッコ悪いこと。
気づいたときに愕然とするですよ…ww
けど、それは精一杯の自己防衛で、そのときはそーするしか手段がなかったんだすよ。。
で、そこから努力したにしても…何かまだ自分で納得できない。
さらに突発的な出来事に振り回されて、またエネルギーが尽きてしまう。
立て直しにも時間がかかる。。
元々うつ体質だからエクスキューズしてまうんだが、ホントに打たれ弱いわなw
そんな弱い自分を逆転しようとして、ここでまたイキガリが出てしまうんだな。
要は周りを納得させたいのか、自分の中だけで納得したいのか…?? なんですよ。。
結果を出すってことの意味の違いがそこで出てくる。

私は自分の病気を治したいだけ…上も下もないし、、
それがある程度自分で納得いくレベルになったときに
それぞれの人達が回復してきたように、同じ土俵に立てると思うんすわ。。
そーなったら私は団体がどうとかより、個人的なレベルで見ることが出来ると思う。
変にマイナスな部分もそれは個性として自分で認識できて
こそこそしながらも、ある程度堂々と通りを歩けると思いまふ。。

ごちゃごちゃ言ってないで、やることやれよっ!と言われてるのが
目に浮かぶので、今日はこれから引っ掛かってることを12&12に載っける作業をします。
つまり今までの被害妄想的な思考に囚われていたのは、自分が他者をそのように
見ていたことの裏返しってことですよ。。

それに気づいただけでも少しはマシになったかな…w


 ● 私の支配欲・独占欲ってのは自分で思うより強烈に強い…w



何とかできるなら緩和したいけど…その欲自体は根絶することはできないと思うですよ。。

てなわけで、、ほなっ! (ΦωΦ)ノシ





by tightrope_3 | 2014-08-12 12:16 | 欲求